結婚式二次会の幹事になった時の二次会景品の選び方

新郎新婦の晴れやかな姿を披露する披露宴では両家族の親族や会社の上司なども参加するため、やや改まった形式で式を執り行うことが多くなっていますが、結婚式後に行なう二次会の場合は参加者が基本的に新郎新婦の友人たちとなるためカジュアルで賑やかな雰囲気となります。
場を盛り上げ結婚式や披露宴とは別の楽しさを提供できるように二次会全体をプロデュースするのが幹事の役割となりますが、もう一つ幹事の役割として最も重要となるのがゲームの景品の用意となります。

ゲストにも喜んでもらうため、二次会ではビンゴ大会などのゲーム大会を行なうことが恒例で、予算の範囲以内で参加者が欲しがるような景品を用意するのも幹事の重要な仕事となるのです。※参考忘年会が盛り上がるネタになる景品とは
二次会には年齢も性別もそれぞれ異なる多くの人が参加するため、景品は誰もが使えるようなものでなければなりません。
おすすめなのが、旅行券や食事券といった金券やAV家電やデジタル家電などといったものとなります。